アイスランドで壮大なオーロラ観測

(CNN) アイスランドの各地で先の週末にかけて、壮大なオーロラが観測された。

今回のオーロラは、太陽から爆発的に放出された粒子が1~3日後に地球に届く「コロナ質量放出」という現象によって発生。この粒子が地球の磁場に到達して磁気嵐が発生し、天空で光が爆発するようなオーロラが観測できる。

この光景をカメラに収めた地元アイスランドの住民は、「あの夜(17日)は特に素晴らしかった」「バスで詰め掛けた観光客も、本当にその甲斐があったと思う」と振り返った。

同国西部のオーラフスビークで氷河の周辺を3時間かけて車で巡って写真を撮ったという男性は18日、「すごいのはいつものことだけれど、昨晩は圧倒された」と話した。

2013年は、後半にかけて太陽活動が11年に1度のピークを迎える見通しで、特に壮大なオーロラが観測されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]