ヨット・アメリカ杯 「穴掘り人」から夢の本戦出場へ、オラクル・チーム・USA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

裏方からクルーへ オラクル・チーム・USA

(CNN) 世界最高峰の国際ヨットレース「アメリカ杯」。そこでは、億万長者が資金提供し最新技術を駆使して造られたヨットの上で、世界のトップセーラーたちが最高の賞を目指してしのぎを削る。

しかし、その華やかさや魅力の陰には、関係者たちの並々ならぬ苦労や努力がある。

「自分も当初はただの雇われのヘルパーにすぎなかった」と語るクーパー・ドレスラー氏(25)は、重労働をいとわない真摯(しんし)な姿勢が評価され、見事、前回大会の優勝チームであるオラクル・チーム・USAのメンバーに迎えられた。

「ちょっとした仕事や雑用、コンテナへの荷物の搬入を行っていた。フォークリフトの運転はかなり上達したし(中略)まさか溶接を学ぶとは思わなかった」

数年前、セーラーを志望していたドレスラー氏は、2017年6月に開催される第35回大会の開催地であるバミューダ諸島で、タイトル防衛を目指すオラクル・チームの拠点作りの仕事に就いた。

「この全ての場所に、いくばくかの自分の血と汗と涙がしみ込んでいる」とドレスラー氏は語る。

「現場ではあらゆる仕事に携わり、どの仕事も興味深かったが、艇上のシステムに特に魅力を感じた。そこでは、あらゆるものが、油圧的に、あるいは電子的に、あるいはロープで制御されている。結局、私はロープでチームに貢献することになった」

「垂木に上って作業をしたような時、下にあるこの素晴らしいヨットを見つめ、『クレイジーだ。自分がこのヨットに乗れるわけがない。これに乗れるのはトップレベルの人たちだけだ』と思っていた」

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]