アシカの子どもを保護、海岸に迷い込む 米サンフランシスコ

保護された「ジョージ・バイソン」

保護された「ジョージ・バイソン」

(CNN) 米西部カリフォルニア州サンフランシスコの海岸でこのほど、迷い込んだアシカの子どもを警察が保護する出来事あった。

サンフランシスコの警察当局者らは5月30日の午前1時ごろ、オーシャンビーチで、アシカの子どもが迷子になっているのを発見した。海から迷い出てしまい、疲れておびえていたという。

警官らが現場に到着すると、アシカの子どもは暖を取ろうと身をすり寄せてきたという。

アシカの子どもは「ジョージ・バイソン」と名付けられた。オスかメスかは分かっていないという。「ジョージ」は当該地区に配属された警官のコールサイン、「バイソン」は警察署のソフトボールチームのマスコットにちなんでいる。

警察は、朝の通勤ラッシュに巻き込まれないようアシカの子どもを保護した後、けがをしたり捨てられたりした哺乳類を扱う海洋哺乳類センターに移送したという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]