モーターヘッドのレミー、がんのため死去

英ロック界に大きな影響を与えたバンド、モーターヘッドのレミーがこの世を去った

英ロック界に大きな影響を与えたバンド、モーターヘッドのレミーがこの世を去った

(CNN) 英ロックバンド、モーターヘッドのリーダーでベーシストのレミー(本名イアン・キルミスターさん)ががんのため死去した。70歳だった。

26日に進行性のがんが見つかり、家族に囲まれて自宅で死去したという。モーターヘッドはフェイスブックの公式ページに「私たちの衝撃と悲しみは言葉では表現できない」と追悼談話を掲載。「今はどうか、モーターヘッドとホークウインドとレミーの音楽を大音響でかけてほしい。1、2杯飲んで語り合い、自らあれほど華々しく生きた愛すべき素晴らしい男の生涯を祝ってほしい」と呼びかけた。

1970年代にロックバンド「ホークウインド」のメンバーとして活躍。ハードに飲んでハードに生きるスタイルは、独特の枯れた声と同じくらい有名で、1975年から40年にわたって活動を続けるモーターヘッドでは唯一、創設当時からのメンバーだった。

モーターヘッドは70年代の英ロック界に絶大な影響を与え、ハードロックとヘビーメタルの発展にも寄与した。

レミーの訃報(ふほう)にファンやロック界の大物が次々に追悼の言葉を寄せ、米ロックバンド、モトリー・クルーのギタリスト、ニッキ・シックスや元ブラック・サバスのボーカリスト、オジー・オズボーンなどもツイッターでレミーをしのんだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]