女性騎手、世界で躍動 英G1ジャンプも制す

英ケンプトンのレースで勝利を飾ったケリー騎手と競走馬の「ティーフォートゥ」

英ケンプトンのレースで勝利を飾ったケリー騎手と競走馬の「ティーフォートゥ」

(CNN) 世界の競馬で女性騎手が目覚ましい活躍を見せている。英ケンプトンで26日に行われたグレードワン(G1)のジャンプレースで、女性騎手のリジー・ケリーさん(22)が初勝利を飾った。

ケリーさんはお気に入りの競走馬「ティーフォートゥ」に騎乗して、4歳以上の馬のノービスチェイスを制した。

今年は11月にオーストラリアのミシェル・ペインさんが伝統の競馬メルボルンカップを女性として初めて制覇したほか、アイルランドではケイティ・ウォルシュさんがグランドナショナル競馬を制し、8月のアスコット競馬ではヘイリー・ターナーさんをはじめとする全員女性のチームがシャーガー杯を制した。

ターナーさんは2011年に英国のG1レースで勝利した女性騎手の草分けで、11月に引退。26日にはツイッターでケリーさんの勝利を祝福した。

ケリーさんは先月フランスで行われたG1でも勝利を手にしかけたが、ゴール目前で追い抜かれていた。しかし今回は、義父のニック・ウィリアムズさんが調教したティーフォートゥに騎乗して後続の馬を引き離した。

調教助手でもある母のジェーン・ウィリアムズさんは地元メディアのインタビューに、「娘の勝利をうれしく思う。女性が競馬に挑戦し、女性もG1に勝利できると証明することが大切」とコメントした。

特にティーフォートゥは調教が難しい馬だったといい、ジェーンさんの根気のおかげでようやく本領を発揮し始めたとケリーさんは説明。「小さなレースかもしれないけれど、それでもあの馬でG1を制した意味は私たちにとってとてつもなく大きい」と喜びを語っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]