米ディズニー、テーマパークに金属探知機 14歳以上の仮装も禁止

ウォルト・ディズニーのテーマパークなど全米各地で金属探知機による安全対策が広がっている

ウォルト・ディズニーのテーマパークなど全米各地で金属探知機による安全対策が広がっている

ニューヨーク(CNNMoney) 米ウォルト・ディズニーは傘下のテーマパークで入場者の保安検査用に金属探知機を導入したことを明らかにした。

金属探知機による保安検査の対象となるのは無作為に抽出された一部の入場者のみ。パーク内でのおもちゃの銃の販売は中止し、14歳以上の入場者がパーク内で仮装することも禁止する。

同社広報によると、今後も必要に応じて追加的な安全対策を導入する方針。パーク内では数週間前から警察官や警備犬を増員していた。

ディズニーのテーマパーク「ハリウッド・スタジオ」では17日夜から18日未明にかけて、映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の特別上映会と記念パーティーが予定されている。

ユニバーサル・スタジオやシ―ワールドも、入場者が増えるクリスマスシーズンに備えて安全対策の強化に乗り出した。

ユニバーサルの広報は、金属探知機を「試験的に」利用していると説明。以前から特別なイベントの時は探知機を使っていたという。

シ―ワールドでは金属探知棒を使用するほか、入場者の手荷物検査を徹底させるとしている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]