中国の「スター・ウォーズ」ポスターで人種差別?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この中で北京映画協会の関係者は「ポスターは宣伝の手段にすぎず、中国の観客が黒人俳優を差別したと批判するのは不当だ」と主張している。

中国の広東省などではアフリカ系の住民も多い。しかし黒い肌に対する偏見は根強く、地元の人の差別や偏見にさらされたという苦情も絶えない。

フォースの覚醒は、シリーズ作品の中で初めて中国本土で大々的に公開される。ディズニーは登場キャラクターに馴染みのない観客のため、万里の頂上にストームトルーパーの軍団を出没させるなどの宣伝に力を入れてきた。

中国の映画市場規模は2020年までに米国を抜くと予想されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]