ドナウ川に1300万円相当の紙幣、2人の男性が発見

(CNN) 川沿いをのんびり散歩していたら、目の前に大量の紙幣が流れてきた――。そんな夢のような出来事がオーストリアで実際に起き、話題を呼んでいる。

10万ユーロ(約1300万円)余りの紙幣を発見したのは、20歳と22歳の男性。場合によっては全額が2人のものになるかもしれない。

ウィーン警察の報道官によると、5日午前10時ごろ、ドナウ川に2人の男性が入っているとの通報があった。警官らがすぐに現場へ出動すると、男性らが水中の紙幣を拾い集めていたという。

大金が流れてきた経緯は明らかでない。報道官は「さまざまな可能性が考えられるが、犯罪絡みではないか。通常の状況で10万ユーロを川に投げ捨てる人はいない」と話す。

警察は最近発生した銀行強盗事件などを調べているが、事情が判明するまでには少し時間がかかりそうだという。

ドナウ川はドイツの源流から10カ国を通り、モルドバやウクライナを経て黒海に流れ込んでいる。

紙幣を発見した2人は、警察に届けた謝礼として差し当たり5%の金額を受け取る。盗まれた紙幣だとすると、今後犯人が警察に申し出ることは考えられず、さらに事件が解決しなければ元の持ち主に返すこともできない。1年後の時点でこれらの条件がそろっていた場合、2人は全額を手にすることになる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]