バンクシー作品と知らず安売り 住民「返して」、ガザのがれき

バンクシー作品と知らず安売り 住民「返して」

エルサレム(CNN) 昨年夏のイスラエルとの衝突で壊滅的な被害が出たパレスチナ自治区ガザ。住民のラベア・ダードゥナさんは自宅を破壊され、何もかも失ったと思った。残ったのは戸口と金属製の扉のみ。6人の子どもを養うために、扉は175ドル(約2万円)で売り払った。どれほどの価値があるかを知らないまま。

この扉には、神出鬼没のアーティストとして有名なバンクシーの風刺画が描かれていた。右手で頭を抱えるギリシャの女神の絵画。そうと知っていれば、ひと財産が築けるほどの高値が付いたはずだった。

「私たちはだまされた。家が破壊され、心も傷付けられた。あの扉を返してほしい」とダードゥナさんは訴える。

一方、ひしゃげた鉄鋼の球で遊ぶ猫を描いた別のがれきを売って欲しいと持ち掛けられたモハメド・アルシャンバリさんは、売却に応じなかったという。

バンクシーはこの作品について、公式サイトでこう説明している。「地元の男性がやって来て言った。『これはどんな意味があるんですか?』。私は自分のウェブサイトに写真を掲載することで、ガザの破壊にスポットを当てたいのだと説明した。だがインターネット上では人々は子猫の絵しか見ていない」

アルシャンバリさんは「売ってほしいという人がたくさんやって来るけれど、絶対に売らない」「世界一有名なアーティストの落書きを手放すわけにはいかない」と力を込めた。

バンクシーは2月にガザを訪れ、がれきの中に一連の作品を残して行った。その作品は数十万ドルの値が付くこともある。バンクシーは身元は明かしていないものの、英国人アーティストで、1990年代初めごろから活動を始め、政治的、社会的風刺を込めた落書き風の壁画を描いている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]