宙に浮かぶ3D壁画 世界のストリートアート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リプリートは作品に食品を包むラップをよく使う。ジェット機を描いた作品では、爆弾の部分は床に描かれているが、機体はラップの上に描かれている。

また、ラップ以外でも、部屋の角に魔法をかけたような作品をリプリートは作り上げる。

ペエタ

イタリアの「ペエタ」ことマヌエル・ディ・リタは、ポリ塩化ビニールを素材とした立体作品を作ることで知られる。だが、塗料をスプレーした3D作品も作り上げる。

ペエタが壁画を描き始めたのは1993年だった。以前から、イラク出身の建築家ザハ・ハディドのデザインに触発されることが多いという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]