映画「ゴッドファーザー」のボス邸宅、売りに 3億円超

映画「ゴッドファーザー」のボスの邸宅が3億円超で売り出された=Connie Profaci Realty提供

映画「ゴッドファーザー」のボスの邸宅が3億円超で売り出された=Connie Profaci Realty提供

(CNN) 米国の不動産業者は15日までに、1972年の映画「ゴッドファーザー」でマフィアのボスの自宅として登場したニューヨーク市の邸宅が売りに出されていることを明らかにした。価格は289万5000ドル(約3億3582万円)。

場所はスタテン島で、敷地の広さは約2230平方メートル。邸宅は英チューダー様式で建てられ、寝室5部屋、男性のたまり場として設けられた部屋、ジムや英国式パブなども備えている。

映画ではこの邸宅の庭が、マーロン・ブランドが演じたボスのビト・コルレオーネの娘の結婚式の会場として使われた。一方で、家内の部屋でコルレオーネが困り事の仲裁を求める結婚式の招待客に対応する場面も盛り込まれていた。

不動産業者によると、同映画の撮影は邸宅の内部では一切行われていなかった。邸宅の持ち主は映画のロケ以降、1回だけ変わったという。現在の所有者は2012年にジムなどを完備するための改装工事を行っていた。

映画ではコルレオーネが邸宅の庭で死亡する筋書きとなっていたが、この庭には現在、海水プールが造られているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]