30代になったハリー・ポッター、新作短編がネットで公開

ハリー・ポッターを演じたダニエル・ラドクリフさん

ハリー・ポッターを演じたダニエル・ラドクリフさん

(CNN) 魔法使いの少年ハリーが活躍する人気長編小説「ハリー・ポッター」の作者J・K・ローリング氏がこのほど、ハリーの登場する短編小説をインターネットで公開した。

新作は1500語の短編小説で、ハリー・ポッター関連情報サイトの「Pottermore」に掲載された。過去のシリーズ作品に登場するゴシップ記者のリタ・スキーターが日刊紙に執筆した記事という設定で、30代のハリーの姿をこう形容している。

「もうすぐ34歳。黒髪には銀色の筋が何本か混じるようになった。それでもあの特徴的な丸いメガネは、センスのない12歳だった時の方が似合っていたと言う人もいるかもしれないが、今もかけている」

舞台はクィディッチ・ワールドカップ2014年大会。ハリーは友人のロンやハーマイオニー、妻でロンの妹のジニーと一緒に観戦する。スキーターの形容によると、ロンはあまり優雅な年の取り方はしておらず、「有名な赤毛はやや薄くなったように見える」。ハリーの右の頬には原因不明の傷跡がある。

英紙ガーディアンによると、この小説はローリング氏が2014年クィディッチ・ワールドカップをテーマに執筆したシリーズ作品の一部だという。

ハリー・ポッターを主人公とする長編シリーズ小説は、2007年の「ハリー・ポッターと死の秘宝」で完結した。しかしローリング氏は13年、作品に登場する教科書を題材にしたスピンオフ映画で脚本家としてデビューすると発表。

14年2月には、ハーマイオニーはロンではなくハリーと結婚させるべきだったと発言してファンの間に論議を巻き起こしている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]