羽生、フィギュア男子で日本初の金メダル ソチ五輪

熱戦が繰り広げられるソチ五輪

熱戦が繰り広げられるソチ五輪

(CNN) ソチ冬季五輪は14日、フィギュアスケート男子のフリーが行われ、羽生結弦(19)が2度ジャンプに失敗したものの、ショートプログラム(SP)でのリードを守りきり、見事、金メダルを獲得した。

羽生はSPで世界歴代最高の101・45点マークしたが、フリーでは金メダルへのプレッシャーのためか、2度のジャンプで着氷に失敗し、金メダルの望みが絶たれたかに見えた。

しかし、その後にドラマが待っていた。世界選手権3連覇のカナダのパトリック・チャン(23)が悲願の金メダルをかけて演技に臨んだが、ジャンプでミスを連発するなど精彩を欠き、オリンピックでの金メダル獲得の夢は、またしても崩れ去った。

その結果、羽生が合計280・09点を挙げ優勝。日本チームに今大会初の金メダルをもたらした。羽生は「緊張しました。すみません。やっぱり五輪はすごいと思った」と述べ、さらに「自分の中で悔しいと思うところがある」と演技に対する反省も口にした。

チャンは合計275・62点で銀メダルを獲得。この種目でカナダ初の金メダルを期待されたチャンは、プレッシャーがあったことを認めた。「われわれは皆人間だ。(スノーボード界のスター)ショーン・ホワイトでさえミスを犯す。残念ながら今回はミスが1回多かった」と悔しさをにじませた。

デニス・テン(カザフスタン)が銅メダルを獲得。ロシアのエフゲニー・プルシェンコ(31)は、SPの演技直前の練習で負傷し、棄権した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]