訪朝4度目のロッドマン元選手、インタビューで怒り爆発

訪朝のロッドマン、インタビューで怒り爆発

(CNN) 米プロバスケットボール(NBA)の元選手、デニス・ロッドマンさん(52)が7日、訪問先の北朝鮮でCNNとの独占インタビューに応じ、声を荒らげて訪朝の正当性を主張した。

「バスケ外交」と称するロッドマンさんの訪朝は2013年2月以降、4度目。今回は金正恩(キムジョンウン)第1書記の誕生日に当たる8日に、ロッドマンさんの率いるNBA元選手らと北朝鮮チームとの親善試合が予定されている。

インタビューでは金第1書記について「大好きな私の友人だ」と語った。北朝鮮では、韓国系米国人のペ・ジュンホ(米国名ケネス・ペ)さんが政府転覆を図ったなどとして15年の労働教化刑を受け、現在服役中。ロッドマンさんはペさんについて問われると「かれがこの国で何をしたのか分かっているのか」と切り返し、「私が喜んで説明したい」などと述べたが、具体的な内容には言及しなかった。

ロッドマンさんはさらに「(元選手たち)10人はスポーツ交流で手を差し伸べようと、家族を残してこの国へやって来た。それが分からないのか」と訴え、インタビュアーが「分かります」と答えると「そちらがどう考えようと知ったことではない」と声を荒らげた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]