米ディズニー、障害者優先の制度を変更 悪用の報道受け

ディズニーは障害者優先の制度について変更を行った

ディズニーは障害者優先の制度について変更を行った

(CNN) 米カリフォルニア州のディズニーランドと米フロリダ州のウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートは24日までに、障害者が順番を待たずにアトラクションを利用できる制度を打ち切り、10月から新しい制度に切り替えることを明らかにした。

これまでの制度では、障害者に優先的にアトラクションを利用してもらうための「ゲストアシスタントカード」を発行していた。このカードを持っていれば、順番待ちの行列に並ぶことなく出口から入場できることもあった。

しかし米紙ニューヨーク・ポストは今年5月、この制度が一部の客に悪用されていると報道。ニューヨークの富裕層が障害者を金で雇って家族の一員のように見せかけ、行列を飛ばしていると伝えた。

ディズニーが10月9日から導入する障害者用の新しいアクセスカードでは、その時点での待ち時間に基づくアトラクションへの入場時間を記したチケットを発行する。このチケットを持っていれば行列に並び続ける必要はなく、指定時刻に戻ってくればアトラクションに入場できる。

制度の変更についてディズニー広報は、「アトラクション優先利用のリクエストが増えていることに鑑み、障害を持つゲストの便宜を図りながら、すべてのゲストがより一貫した待遇を受けられるよう、手順を変更することにした」と説明する。

ディズニーはこの新制度について今週から従業員の研修を開始し、10月9日の導入が近づいた時点で詳細を明らかにする予定だという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]