写真特集:中国古来の装丁技法「龍鱗装」を見る

書物を精巧に装丁する中国の古代芸術「龍鱗装(りゅうりんそう)」の歴史は、今から1000年以上前の唐の時代までさかのぼる。王族や読み書きができる上流階級の家庭で代々伝わった龍鱗装の書籍は完成品が龍に似ており、各ページが龍の鱗に見えることからそう呼ばれるようになった。中国の芸術家チャン・シャオドン(張曉棟)氏が現代によみがえらせた「龍鱗装(りゅうりんそう)」の技巧を、同氏の作品で概観する

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]