ヒマラヤの氷河、今世紀末には最大80%が融解か 新研究

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヒンドゥークシュ山脈とヒマラヤ山脈地域の氷河が予想よりも速く融解していることがわかった/Courtesy Jitendra Raj Bajracharya/ICIMOD

ヒンドゥークシュ山脈とヒマラヤ山脈地域の氷河が予想よりも速く融解していることがわかった/Courtesy Jitendra Raj Bajracharya/ICIMOD

新たな報告書は、これよりさらに悲観的な見通しを示している。

世界の気温の上昇で失われる氷河の割合は、上昇幅が1.5~2度なら30~50%、3度を超えた場合は東部ヒマラヤのネパール、ブータンで75%、さらにもう1度上がれば80%に達するという。

ヒンドゥークシュ、ヒマラヤ山脈には約2億4000万人が住み、その多くが氷河からの水を農業用水に使ってきた。

氷河から溶け出す水は12の河川に流れ込み、下流の中国やパキスタンなど計16カ国に住む20億人にとっても淡水の供給源になっている。

氷河の融解が加速すれば下流の農地は水没する恐れがあり、やがてその水も途絶えて干ばつが起きる。斜面が侵食されて洪水や土砂崩れ、雪崩の危険性も高まることが予想される。

気候のわずかな変動が氷や雪の状態に大きな影響を及ぼし、農耕や畜産、観光などに依存する住民の生活を脅かすことになると、研究チームは指摘している。

「環境問題」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]