巨大な魚竜の化石を発見、1億8000万年前に生息 英

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

巨大な魚竜の化石見つかる 英

(CNN) 1億8000万年前の魚竜のものとみられる巨大な化石がこのほど英国で見つかった。研究者らは現地における過去最も重要な発見のひとつと位置付けている。

化石はイースト・ミッドランズのラトランドにある貯水池で見つかった。英国で発見された魚竜の化石としてはこれまで最大かつ最も完全なもので、長さは約10メートル。頭骨の重さは1トンに達するという。

恐竜と同年代に生息していた水生爬虫(はちゅう)類の魚竜は、イルカに似た体形をしている。2億5000万年前に最初に地球上に現れ、9000万年前ごろに絶滅した。

化石の存在は昨年2月、レスターシャー・アンド・ラトランド・ワイルドライフ・トラストの保護チームを主導するジョー・デービス氏が最初に確認していた。

古生物学者のチームによる大規模な発掘が行われたのは同年8~9月のことだ。発掘は魚竜の専門家で、現在マンチェスター大学の客員研究員を務めるディーン・ロマックス氏が主導した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]