ドリンク買いにコンビニに出かけた父親、1億円の宝くじに当選して帰宅 米

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
100万ドル(約1億1500万円)に当選したデニス・ウィロビーさん/Virginia Lottery

100万ドル(約1億1500万円)に当選したデニス・ウィロビーさん/Virginia Lottery

(CNN) 米バージニア州でこのほど、男性がチョコレートミルクを買いにコンビニへ出かけたところ、思いがけず1等100万ドル(約1億1500万円)の宝くじに当選する出来事があった。

バージニア州の宝くじ当局が先月29日に明らかにしたところによると、同州ノースチェスターフィールドで暮らすデニス・ウィロビーさんは、子どもたちのために地元のセブン―イレブンの店舗へチョコレートミルクを買いに出かけたところ、スクラッチくじを買おうと決めた。

このくじ券が、「$1,000,000プラチナム・ジャックポット」と呼ばれる宝くじの1等賞の当選くじという結果になった。ウィロビーさんは、今回のくじで2人目の1等賞当選者で、もう1枚の当選くじもどこかに存在していることになる。

当局によると、1等賞が当たる確率は163万2000分の1。

幸運なウィロビーさんは、全額100万ドルを今後30年かけて毎年分割で受け取るか、税引き後の64万205ドルを1度に現金で受け取るかの選択肢を与えられたが、後者を選んだ。

受け取り金は100万ドルとはならないものの、依然として多量のチョコレートミルクを買うことができそうだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]