15歳のマクドナルド店員が窓からジャンプ、ナゲット詰まらせた客を救命 米ミネソタ州

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

15歳のマクドナルド店員が窓からジャンプ、ナゲット詰まらせた客を救命 米

(CNN) 米ミネソタ州でマクドナルドに勤務する15歳の従業員が、チキンナゲットを喉(のど)に詰まらせた女性客を見て窓から飛び出し、救急救命法の知識を活かしてこの女性を救う出来事があった。

お手柄のシドニー・レイリーさん(15)は18日、同州ミネアポリス郊外のマクドナルドでシフト勤務に入った。同店で働き始めて約7カ月。この日も昼ごろまでは、普段と変わらない週末だった。

ドライブスルーで女性客が注文した商品の一部を手渡したシドニーさんが、残りの商品もすぐ用意できると告げようとして窓から身を乗り出したところ、この女性客がチキンナゲットを喉に詰まらせていることに気づいたという。

「女性は激しく咳(せき)込んでいた。私は彼女がむせ返っていることに気づいた」。シドニーさんはCNNにそう語った。「助手席にいた娘は茫然(ぼうぜん)とした様子だった。私はすぐに、女性が窒息しかけていると分かった」

シドニーさんは、店のマネジャーと女性の娘に緊急通報を指示すると、窓を飛び越えて外に飛び出し、女性の救助に当たった。

シドニーさんは11歳の時に赤十字の講座を受講したことがあり、その時に身に着けた「ハイムリック法」を実践した。

しかし何度か試しても異物を吐き出させることができなかったため、その場にいた人たちに応援を求め、「私たちが力を合わせて、女性の口から異物を吐き出させることに成功した」という。

女性はようやく呼吸ができるようになり、やがて落ち着いてシドニーさんに何度もお礼を言った。

現場に到着した警官2人は女性の状態を確認すると、シドニーさんを「あなたは人の命を救ったヒーローです」と称賛した。警官は地域社会に貢献した人のために使っている基金から、シドニーさんに100ドル(約1万1000円)を贈呈した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]