欧州の今夏の気温、観測史上最高を記録 異常気象で被害多発

山火事が発生したギリシャのエヴィア島=8月3日/Michael Pappas/AP

山火事が発生したギリシャのエヴィア島=8月3日/Michael Pappas/AP

ロンドン(CNN) 欧州連合(EU)のコペルニクス気候変動サービス(C3S)は7日、欧州の今年の夏は観測史上最も暑かったと発表した。

欧州はこの数カ月の間に相次ぐ異常気象に見舞われた。ドイツやベルギーでは記録的な豪雨による大規模な洪水が発生。南欧では熱波による山火事が続いた。

6月初めから8月終わりにかけての平均気温は、2010年と18年に観測したこれまでの最高記録を約0.1度上回った。1991~2020年の平均に比べると1度の上昇だった。これは人間が引き起こした地球温暖化の長期的な傾向を映し出している。

欧州は2020年の気温も観測史上最高を記録していた。

この夏の気温は地域によって偏りがあり、欧州南部で記録的な熱波を観測して東部も平均を上回った一方、北部の気温は平均を下回った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]