米ロサンゼルス、気温49.4度 観測史上最高を記録

米カリフォルニア州ロサンゼルス郡で同地の観測史上最高のカ氏121度(セ氏49.4度)を記録した/APU GOMES/AFP/AFP via Getty Images

米カリフォルニア州ロサンゼルス郡で同地の観測史上最高のカ氏121度(セ氏49.4度)を記録した/APU GOMES/AFP/AFP via Getty Images

(CNN) 米カリフォルニア州が週末にかけて熱波に見舞われ、ロサンゼルス郡で6日、同地の観測史上最高のカ氏121度(セ氏49.4度)を記録した。熱波にあおられ、州内の各地で山火事が続いている。

米国立気象局によると、カ氏121度は同州ウッドランドヒルズで観測され、これまでの最高だった2006年7月22日の同119度を上回った。

ウッドランドヒルズはサンフェルナンド峡谷の西端にあって海からの風が届きにくく、記録的な熱波の条件がそろっていた。

ウッドランドヒルズの気温は上昇する可能性もあり、6日はほかにもさまざまな記録が破られると国立気象局は予想している。

カリフォルニア州では各地で山火事が発生し、消火作業が続いている。同州消防局によると、これまでに約85万ヘクタールが焼失した。

ニューサム知事は週末に予想されていた熱波の到来を前に、電力需給の逼迫(ひっぱく)を防ぐ目的で非常事態を宣言し、住民に対しては電力需要がピークに達する午後3時から10時までの節電を呼びかけていた。

米エネルギー省も同日、熱波や山火事によるダメージの影響で電力需要が逼迫しているとして、カリフォルニア州で緊急連邦権限を行使すると発表した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]