海中の古代都市遺跡から考古学的「財宝」見つかる、2400年前の果物の痕跡も エジプト

陶磁器は紀元前4世紀初頭にギリシャ人によって持ち込まれたとみられている/Christoph Gerigk/Franck Goddio/Hilti Foundation

陶磁器は紀元前4世紀初頭にギリシャ人によって持ち込まれたとみられている/Christoph Gerigk/Franck Goddio/Hilti Foundation

(CNN) 地中海に沈むエジプトの古代都市ヘラクレイオンの遺跡から、考古学上の「財宝」が発見された。ギリシャの陶磁器のほか、2400年前に作られた板編み細工のかごが見つかった。後者には当時の果物の痕跡がいっぱいに詰まっているという。

ヘラクレイオンはアレクサンダー大王が紀元前331年にアレクサンドリアを建設する以前、エジプトで最も大きな地中海の港湾都市だった。

欧州水中考古学研究所(IEASM)は、フランスの海洋考古学者、フランク・ゴッディオ氏の主導で数年にわたる現地調査を実施。先月の声明では、エジプトの観光・考古省と緊密に連携して行った今年の調査で「極めて興味深い成果」が得られたと述べていた。

チームはヘラクレイオンの北東部に位置する運河沿いに大規模な埋葬の遺構を発見。遺構は紀元前4世紀初頭にさかのぼる豪華な副葬品で覆われているという。

遺構の大きさは長さ約60メートル、幅8メートル。ものが燃やされたことを示す証拠が至る所から見つかったため、豪壮な儀式が行われていたとみられる。現場からは紀元前4世紀初頭より新しい遺物は一切見つからなかった。ヘラクレイオンはその後数百年にわたり存続するが、遺構はその間封印されていたに違いないという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]