米誌「ナショナルジオグラフィック」、5つ目の海洋「南極海」を認定

米誌「ナショナルジオグラフィック」が「南極海」を5つ目の海洋に認定した/Wolfgang Kaehler/LightRocket/Getty Images

米誌「ナショナルジオグラフィック」が「南極海」を5つ目の海洋に認定した/Wolfgang Kaehler/LightRocket/Getty Images

(CNN) 米誌「ナショナルジオグラフィック」はこのほど、従来の4つの海洋に加えて5つ目の海洋が存在すると公式に確認した。該当するのは南極大陸の周囲の海域で、「南極海」と名付けている。

同誌の地理学者、アレックス・テート氏は世界の海洋について、実際にはすべて1つにつながっているとしたうえで、ここで取り上げているのは海洋の「領域」だと説明。従来は大西洋、太平洋、インド洋、北極海の4領域に分けられていたが、長年にわたり科学者らは「南極海」の呼称を用い、南極周辺の海域に言及してきたという。

それでは、南極海と他の海洋とはどう違うのか?

「大西洋、太平洋、インド洋は海水温が高めなのに対し、南極周辺の海は非常に冷たく、塩分濃度が低い。動物相も異なりミンククジラや特定の種のアザラシ、ペンギンが暮らしているほか、魚類や鳥類も豊富に生息する。南極海での環境的な要因に基づく特徴だ」(テート氏)

5つ目の海洋の命名には、自然保護の取り組みに寄与するとの動機もある。海洋保全という巨大プロジェクトでは、当該の海域を単なる「海の一領域」とするよりも南極海という海洋に格上げして取り上げる方が人々の関心を高めやすい。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]