足かせ付いた人骨発見、ローマ時代の奴隷のものか 英国

人骨の足首にはめられていた鉄の足かせ/Museum of London Archeology

人骨の足首にはめられていた鉄の足かせ/Museum of London Archeology

ロンドン(CNN)  英イングランド中部で、足かせがはめられた人骨が考古学者らによって発見された。ローマ帝国の支配下にあった当時の英国で、奴隷制が実際に行われていた物的証拠とみられている。

ロンドン考古学博物館は7日、溝に埋められていた成人男性の足首に鉄製の足かせが施錠されていたと説明。同博物館の考古学者らによると、人骨はイングランド中部ラトランド州グレートカスタートンで、住宅の拡張工事の際に建築業者によって発見されたという。

放射性炭素年代測定の結果、人骨は西暦226年から427年のものと判明。現在の英国の大部分は紀元前43年から紀元410年前後にかけて、ローマ人の支配下にあった。

同博物館の骨学の専門家であるクリス・チンノック氏は、「ローマ帝国は奴隷労働に非常に依存していたことは分かっている。ローマ帝国は歴史を通じてかなりの程度、奴隷労働に下支えされていた。それはローマ支配下の英国でも同じく当てはまる。板に記されたものや石に彫られたものによる文字資料がたくさんある」と説明。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]