オランウータンとカワウソの一家に友情、仲良く遊ぶ ベルギー動物園

オランウータンの飼育舎を流れる川で、コツメカワウソの一家が遊べるようにしたところ、交流が始まったという/Pascale Jones/Pairi Daiza
写真特集:オランウータンとカワウソの一家が友情はぐくむ

オランウータンの飼育舎を流れる川で、コツメカワウソの一家が遊べるようにしたところ、交流が始まったという/Pascale Jones/Pairi Daiza

(CNN) ベルギーの動物園で飼育されているオランウータン一家とカワウソの一家に友情が芽生え、仲良く遊ぶなどしてお互いを楽しませている。動物園がほほえましい写真を公表した。

ベルギーのパイリダイザ動物園は、飼育されている霊長類の健康増進を図るプログラムの一環として、動物たちを交流させている。

「(動物たちは)常に楽しませて夢中にさせ、課題を与えて精神的、感情的、身体的に忙しくさせておく必要がある」と広報は説明する。

その一環として、オランウータンの飼育舎を流れる川で、コツメカワウソの一家が遊べるようにした。このオランウータン舎には、2017年に同動物園にやって来た24歳のオスと15歳のメス、その子どもで3歳のオスの3頭が暮らしている。

「カワウソたちはオランウータン島に上陸して、大きな毛むくじゃらの友達と遊ぶことをとても楽しんでいる」と広報は話し、特にオランウータンの父親と息子はカワウソと強い絆を育んでいると言い添えた。

「これで両方とも毎日楽しく過ごせるようになり、実験は非常にうまくいっている」という。

オランウータンのDNAの97%は人間と共通している。動物園にはほかにも2頭のオランウータンがいて、飼育係が1日中、マインドゲームやパズルといった脳トレの相手をしているという。

野生のオランウータンは東南アジアのボルネオ島やスマトラ島の生息地が脅かされて、絶滅の危機にさらされている。同動物園はボルネオ島の森林再生に向けて1万1000本を植樹するための基金を募っていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]