スマホ99台でグーグルマップ上に「仮想渋滞」 ベルリンのアーティスト

スマホ99台でグーグルマップに偽の渋滞を表示 独

(CNN) スマートフォン99台を台車に載せてゆっくり歩き回り、グーグルマップ上に偽の渋滞情報を表示させる――。そんな実験的パフォーマンスを、独ベルリンのアーティストがこのほど成功させた。

ジモン・ウェッカート氏は「グーグル・マップ・ハック」と題したパフォーマンスで、携帯会社や友人から中古のスマホ99台を借り集め、位置情報サービスをオンにした状態で小さな台車に積み込んだ。

台車を引いて歩けば、グーグルマップはスマホが渋滞に巻き込まれていると解釈するはず、との発想だ。同氏がユーチューブに投稿した映像には、人けのない道路が映っている。しかしグーグルマップ上では狙い通り、歩いたルートに渋滞情報が表示された。

ルートのひとつは、グーグルのベルリンオフィス前を通っていたという。

ウェッカート氏はウェブサイト上で、ほかの車が渋滞を避けようと実際にルートを変更するなど、パフォーマンスが「現実世界に影響を及ぼした」と強調した。

同氏がCNNとのインタビューで語ったところによると、ベルリン市内でデモに参加した際、大勢が1カ所に集まるとグーグルマップ上で「仮想渋滞」が出現することに気付いたのがきかっけだという。

このパフォーマンスが示すように、データを「解釈にかかわらず客観的で明白」な情報ととらえてしまうと、現実が見えなくなることがある――同氏はそう指摘する。

グーグルの報道担当者は声明で「車でもカートでもラクダでも、グーグルマップが独創的に活用されることを歓迎する。今後マップの機能を向上させていく助けになる」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]