体重86キロの大型犬、疲れて動けず担架で救助 米ユタ州

救助されたマスティフ犬の「フロイド」/Salt Lake County Sheriff's Search and Rescue

救助されたマスティフ犬の「フロイド」/Salt Lake County Sheriff's Search and Rescue

(CNN) 米ユタ州ソルトレークシティー郊外で、飼い主と一緒にハイキングコースへ散歩に出かけた体重約86キロの大型犬が、途中で疲れ切って動けなくなり、担架で運ばれて救助される出来事があった。

3歳のマスティフ犬「フロイド」は13日、飼い主の男性に連れられてソルトレークシティー近郊にあるグランジャー・ピークのハイキングコースへ散歩に出かけた。ところが下山しようとしたところ、疲れ切って座り込んだまま動かなくなってしまった。

警察によると、同日午後6時半ごろ、近くを通りかかったハイカーがフロイドを目撃し、飼い主が助けを必要としている様子だったことから救助を要請した。フロイドは一向に動こうとせず、気温は急速に下がり始めていた。

そこで警察と保安官事務所が連携してボランティアの捜索救助隊を派遣した。「相手が犬だと聞いても、一切躊躇(ちゅうちょ)はしなかった」と警察は話している。

救助隊はフロイドを担架に乗せて下山を始めた。フェイスブックには、巨大な犬をかついで狭い山道を歩く動画を投稿、「フロイドはいい子だった。助けてもらってうれしそうだった」とコメントしている。

警察によると、救助にはおよそ4時間を要したという。

家族がフェイスブックに掲載した説明によれば、フロイドの飼い主は途中で道を間違えて、ようやく元の山道に戻った時にはフロイドが疲れ切っていた。飼い主はフロイドと一緒に夜を明かすつもりだったという。

無事に帰宅できたフロイドは、ドッグフードをたくさんもらったと家族は報告している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]