昨年観測の「火球」、広島型原爆10倍のエネルギーと判明 NASA

2009年のふたご座流星群の中で観測された一際明るく輝く流星/Wally Pacholka/Barcroft Media/Getty Images

2009年のふたご座流星群の中で観測された一際明るく輝く流星/Wally Pacholka/Barcroft Media/Getty Images

(CNN) 小惑星のかけらなどが大気圏に突入して爆発し、閃光(せんこう)を放つ「火球」と呼ばれる現象について、昨年12月に観測された爆発のエネルギーが広島型原子爆弾の10倍に達していたことが分かった。

米航空宇宙局(NASA)が発表した。NASAは火球の定義を「非常に明るく輝く流星で、目につきやすい。極めて広範囲に観測される」としている。

当該の火球は2018年12月18日にベーリング海上空で観測された。大気圏内に突入した巨大な隕石(いんせき)が海面から約2万6000メートルの高さで爆発したが、人の住む地域から遠く離れていたため、研究者らを除くとその発生が知られることはほとんどなかったとみられる。

爆発で生じたエネルギーは173キロトンと、広島型原爆の約10倍。過去30年間で観測された火球のうち2番目の威力だという。最大の火球は13年に観測されたもので、隕石がロシアのウラル地方に落下した。

小惑星の接近から地球を守る取り組みに携わるNASAの惑星防衛官、リンドリー・ジョンソン氏は英BBCの取材に対し、今回のような威力の流星は100年に数個の頻度でしか観測されないと説明した。

NASAは大気圏内に到達して爆発する主だった火球のほとんどを観測・追跡している。今年に入ってからはそうした火球がすでに5個発生したが、いずれも極度に小規模なものだった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]