海底で発見の物体、「失われた原爆」ではなかった カナダ

2016.11.28 Mon posted at 15:12 JST

[PR]

(CNN) カナダ・ブリティッシュコロンビア州の沖合で奇妙な物体が発見されたとされる件で、カナダ海軍は28日までに、発見された物体は1950年に行方が分からなくなっていた「失われた原爆」ではないと発表した。

海軍の発表した声明によれば、発見された装置は、より大きな機械の金属部品で、産業機器の一部であるようだという。

ブリティッシュコロンビア州の沖合で今月に入り、ダイバーが水深約8メートルの場所で奇妙な物体を発見したと明らかにしていた。これを受けて、警察が海軍に調査を依頼していた。

海軍は爆弾の専門家を派遣し、遠隔操作できる潜水装置で調査を実施。写真を撮ったり、情報を収集するなどした。調査員は、見つかったのが、長さが約5.5メートル、高さが約90センチの鉄製の装置だと断定した。当局によれば、公共の安全に影響はないという。

ダイバーが発見した物体について、1950年に米軍が投棄した原爆ではないかとの見方が出ていた。

当時、米爆撃機B36が爆弾「マーク4」を米アラスカ州からテキサス州へ移送中、エンジンなどに不具合が発生。乗員17人はパラシュートで脱出したが、その際、上空約2400メートルで爆弾を投棄していた。爆弾には鉛やウラニウム、TNT火薬が搭載されていたが、核爆発に必要なプルトニウムは積まれていなかった。爆弾はその後、行方不明となった。

メールマガジン

[PR]