中国の研究者、遺伝子操作で双子誕生と主張 病院は関与否定

中国で「遺伝子編集ベビー」誕生か

香港(CNN) 中国・深センにある南方科技大学の研究者が26日、遺伝子を操作してエイズウイルス(HIV)に耐性をもつ双子の女児を誕生させることに成功したと発表した。

事実とすれば世界初だが、こうした研究は科学と倫理の多大なジレンマを生じさせかねない。病院は関与を否定し、中国内外の専門家が非難の声を上げている。

発表を行ったのは南方科技大学准教授の賀建奎氏。体外受精を行った7組の男女について受精卵の遺伝子を操作したとしている。同氏がユーチューブに投稿した動画によれば、このうち1人を妊娠させることに成功し、一見したところ健康な双子の女児が数週間前に誕生したという。

同氏が使ったのは「CRISPR-cas9」と呼ばれるゲノム編集ツールで、特定の遺伝子を注入したり不活性化させたりできる。賀氏は「HIVの侵入口を削除した」と形容している。

しかし、賀氏が倫理委員会の承認を受けたと主張している深セン市内の病院は関与を否定し、「この研究は当院では行われておらず、子どもが誕生したのも当院ではない」と説明した。

深セン市の衛生家族計画委員会も26日、事実関係確認のための調査に乗り出したことを明らかにした。

南方科技大学は声明を発表し、この研究者は2月1日から休職中だと説明。「研究は校外で賀建奎准教授によって行われた。同氏は学校にも生物学部にも報告しなかった。大学も生物学部もこれを認識していない」と強調している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]