採石場の跡地に「地中ホテル」、地上2階に地下16階 上海

中国に「地中ホテル」がオープン

(CNN) 採石場の跡地を利用して地下に建設されたホテルが、中国・上海の郊外にオープンした。

シマオ・ワンダーランド・インターコンチネンタルは上海の南西約30キロの採石場跡に、10年かけて建設された。6万1000平方メートルの広大な敷地に地上2階、地下16階、336室のホテルが誕生した。

一番下の2階分は深さ約10メートルの水槽に囲まれ、泳いでいる魚を部屋から眺めることができる。専属スタッフのサービスを24時間受けられる特別室だ。

3階以上の部屋は全てバルコニー付きで、壁面を流れる滝の景色が楽しめる。ガラス張りの遊歩道や、バンジージャンプ、ロッククライミングの施設も完備されている。

冒険に疲れたら、「クオリー(採石場)」という名のバーでくつろぐのもいいだろう。

日常の電力は地熱と太陽光を利用した自家発電でまかなう予定。屋上には周囲の自然にとけ込む庭園が設けられている。

近くには余山国家森林公園や辰山植物園があり、自然派の旅の拠点になりそうだ。

設計を担当した英国の建築家マーティン・ヨクマン氏は、都市と自然の関係を考え直す機会になったと話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]