熱波襲来の欧州、隠れた遺物が続々出現 庭園跡に手りゅう弾も

熱波に襲われた英国で、邸宅の敷地内に現れたビクトリア朝時代の庭園の跡/Lancashire County Council

熱波に襲われた英国で、邸宅の敷地内に現れたビクトリア朝時代の庭園の跡/Lancashire County Council

ロンドン(CNN) 欧州を襲っている猛烈な熱波の影響で、芝生が枯れたり川の水位が下がったりした結果、隠れていた遺構などが次々に見つかっている。庭園に描かれた模様や古い邸宅の跡のほか、手りゅう弾まで発見された。

アイルランドでは、色あせた野原から古代の遺構が顔を出したほか、山火事を受けて第2次世界大戦時に航空機の飛行を助けたマークも見つかった。

ミース州にある新石器時代の遺跡「ニューグランジ」を上空から無人機で捉えた写真には、地面に刻まれた円形の模様が写っている。専門家は、古代の儀式の場や先史時代の死体安置所を示すものではないかとみている。

ウィックロー州では山火事により、1944年以来隠れていた第2次大戦時の「EIRE(アイルランドのゲール語名)」という文字が浮かび上がってきた。

アイルランド当局は当時、軍用機のパイロットに対して中立国上空を飛行していることに注意を促すため、こうした文字など83組を描いていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]