自撮りのサルに著作権なし、米控訴裁が判断

2018.04.25 Wed posted at 11:10 JST

[PR]

(CNN) インドネシアに生息する野生のサルが、写真家のカメラを使って「自撮り」した写真の著作権が争われた裁判の控訴審で、米第9巡回連邦控訴裁はこのほど、サルの著作権を認めなかった一審判決を支持、動物が原告となって著作権侵害訴訟を起こすことはできないとする判断を示した。

渦中のクロザル「ナルト」は2011年、インドネシアで活動していた写真家デービッド・ジョン・スレーター氏のカメラを使って、数枚の写真を自撮りした。スレーター氏は後に自費出版した写真集に、この写真を掲載していた。

これに対して動物愛護団体「PETA」は、ナルトの著作権が侵害されたと主張。ナルトの代理人となって、2015年にスレーター氏と出版社を著作権法違反で提訴した。

一方、スレーター氏ら被告側は、サルのナルトに著作権はないと訴えていた。

2016年の一審判決では被告側の主張を認め、動物は著作権保護の対象にはなっていないと判断。PETAはこれを不服として控訴していた。

連邦控訴裁が23日に公表した意見書では、「動物には憲法上の地位はあっても法令上の地位はなく、『サルの自撮り』と呼ばれる写真に対する著作権侵害を主張することはできない」と指摘した。

PETAとスレーター氏の間では昨年、和解が成立し、スレーター氏はナルトの自撮り写真で得た収入の25%を、インドネシアのクロザルの生息地保護のために寄付することに同意している。

メールマガジン

[PR]