アメリカバイソンの赤ちゃんが誕生 米州立公園で出産シーズン

2018.04.07 Sat posted at 11:58 JST

[PR]

(CNN) 米中西部サウスダコタ州のカスター州立公園で今年初めて生まれたアメリカバイソンの赤ちゃん。2週間で9キロ近く体重が増えるなど、元気な成長ぶりを見せている。

同公園では先月22日に生まれたこのメスの赤ちゃんを皮切りに、この春450頭のアメリカバイソンが生まれる見通し。それぞれの赤ちゃんに名前はついていないが、来園者は最初に生まれた赤ちゃんを「ヘルムズリー」と呼んでいる。生まれた日と同じ日に同公園への寄付を行った「ヘルムズリー慈善信託」にちなむ。

同公園に生息するアメリカバイソンは、通常4月の初旬に出産時期を迎える。これまで生まれたのは6頭ほど。すべての赤ちゃんが生まれると、群れの数は約1300頭になるとみられる。

生まれたばかりのアメリカバイソンの体重は約16~約23キロ。州立公園で生育プログラムの責任者を務めるマーク・ヘンドリックスさんによれば、「ヘルムズリー」の体重は今秋までに約180キロに増加する。成長すれば約450~約500キロになるという。

「かつて米国には数百万頭のバイソンが生息していた。現在は40万頭ほどだ」と、ヘンドリックスさんは説明する。今後は民間の生育業者とも協力して、生息数を100万頭に回復することを目指すとしている。

メールマガジン

[PR]