民家にコブラ、6mの大ヘビも ジャカルタで出没急増

ジャカルタでニシキヘビの捕獲作業を行うボランティア団体のメンバー

ジャカルタでニシキヘビの捕獲作業を行うボランティア団体のメンバー

ジャカルタ(CNN) インドネシアの首都ジャカルタで、民家や職場にヘビが出没する騒ぎが急増している

東ジャカルタに住む男性(49)は、過去4カ月で2回、自宅の庭でヘビに遭遇した。このうち昨年12月31日に出没したのは猛毒をもつコブラで、体長は1.5メートルもあった。

数年前に引っ越してきた時はヘビなど見たことがなかったというこの男性は、「あまりに衝撃的だった」と振り返る。

ジャカルタでヘビが増えた背景には、都市化の進展に伴ってヘビの生息地が縮小したことや、人口が増大するスラム街などでごみを放置する住民が増えたため、ヘビと人との距離がかつてなく近くなったことがある。

ヘビ愛好家でつくるボランティア団体(会員150人)のメンバー、フレディ・ハンゴロさんは、自宅や職場でヘビに遭遇したという住民からの通報を受けて、捕獲のために出動する回数が増えた。通報の電話は、少なくとも2~3日に1回はかかってくるという。

同団体が2017年の1年間で民家から「救出」したヘビは130匹以上。16年は90匹前後だった。

最近では友人とともに、ジャカルタ郊外にある工場へ出動。1匹のコブラを発見してフロアの一画へ追い詰め、捕獲して布製の袋に収めた。

「ヘビは人口密集地から遠く離れた場所へ放した。以後、衝突が起きないように」とハンゴロさん。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]