オバマ氏、空港で赤ちゃんに一目ぼれ? 写真が話題に

2017.07.09 Sun posted at 14:31 JST

[PR]

(CNN) オバマ前米大統領の子ども好きは、退任後の今も変わらないようだ。空港でたまたま出会った赤ちゃんを抱いてほほ笑む写真が、ソーシャルメディア上で話題になっている。

オバマ氏は3日、アジア訪問から帰る途中の米アンカレジ国際空港でプライベート機への搭乗を待つ間に、生後6カ月のジゼル・ジャッキンスキーちゃんを見かけた。

母親のジョリーンさんによると、オバマ氏はジゼルちゃんに歩み寄り、「このかわいい女の子はだれかな」と声を掛けて抱き上げた。その場面をジョリーンさんがカメラに収めたという。

ジゼルちゃんの父親がやって来ると、オバマ氏は「やあ、お宅の子を連れて帰ろうと思うんだ」と冗談を飛ばしたという。

ジョリーンさんは「オバマ氏と話ができてうちの子が抱き上げられるなんて、信じられない気持ちでした」と振り返る。

オバマ氏は在任中の2011年、むずかる赤ちゃんを抱き取って瞬時に泣きやませた場面のビデオが話題を呼んだ。ホワイトハウスの専属カメラマンだったピート・ソウザ氏はインスタグラムで常々、オバマ氏と小さな訪問者とのほほ笑ましい交流を伝えていた。

8日に拡散したジゼルちゃんとの写真では、目を大きく見開いたジゼルちゃんの表情に魅了されたという声も多く、「まるで前大統領だと分かっているみたい」といったコメントが集まった。

メールマガジン

[PR]