恐竜の歯持つ巨大ワニ、ジュラ紀最強か 新しい化石で判明

2017.07.05 Wed posted at 17:16 JST

[PR]

(CNN) 今から1億7000万年前のジュラ紀中期。食物連鎖の頂点に君臨していたのは恐竜ではなく、ティラノサウルスと同じ特徴の歯を持つ巨大なワニの仲間だったーーそのような内容の新たな研究がオープンアクセス誌PeerJにこのほど掲載された。

「ラザナ」の名で知られるこの巨大ワニは、マダガスカルで化石が見つかっている。体長は約7メートルで、重さは約800~1000キロ。特大のあごと牙のように強靭(きょうじん)な歯を持ち、捕らえた獲物を骨ごとかみ砕いていたとみられる。

イタリアの古生物学者が新種の生物として初めてラザナを紹介した2006年当時、ティラノサウルスに似た恐竜なのか、それまで知られていないワニの仲間なのかは明らかになっていなかった。今回見つかった新たな化石から鼻孔の向きや下あごの構造、歯の並び方などを分析した結果、ラザナはワニの仲間との結論が得られたという。

しかし現代のワニが円錐(えんすい)形の歯をしているのに対し、ラザナの歯の表面にはティラノサウルスにみられるようなのこぎり状の切り込みが確認できる。歯そのものの大きさも、ティラノサウルスや同サイズの肉食恐竜の歯を上回る。あごの前方には、のみに似た形状の門歯があり、獲物の肉を骨からはぎ取るのに使ったとみられる。

また現代のワニの頭部が平らなのとは異なり、ラザナの頭蓋骨(ずがいこつ)には奥行きがある。4本の脚は力強く、まっすぐに伸ばして体を持ち上げることができた。これらの特徴から、ラザナは主に地上で獲物を追っていたと考えられる。

研究者らは今後より多くの化石を見つけ、ラザナの全身骨格を復元したいと意気込む。さらにジュラ紀前期にさかのぼる同属の種を発見し、ラザナの「失われた祖先」を明らかにしたいとも考えている。

研究に携わる古生物学者の1人、クリスティアーノ・ダルサッソ氏は、ラザナについて「初めは歯や骨といった一部分でしかなかったものが、体重1トンもあり、獲物の骨をかみ砕く恐ろしい生き物になってよみがえった」と語った。

メールマガジン

[PR]