硬貨915枚飲み込んだウミガメ、摘出手術後に死ぬ タイ

大量の硬貨を飲み込んで摘出手術を受けたカメの「オムシン」

大量の硬貨を飲み込んで摘出手術を受けたカメの「オムシン」

(CNN) タイで硬貨915枚を飲み込んで摘出手術を受けたウミガメが21日、感染症のため大学病院で死んだ。

死んだ25歳のメスのアオウミガメは、観光客が幸運を願って池に投げ入れる硬貨を大量に飲み込んでいたことから、現地の言葉で「貯金箱」を意味する「オムシン」と命名されていた。

バンコクにあるチュラロンコン大学の獣医師チームは今月6日、7時間かけてオムシンの胃の中から約5キロ分の硬貨を取り出す手術を実施し、術後は順調に回復しているように見えたという。

主治医はフェイスブックの投稿で、「1週間は普通に泳いで餌を食べていた。23日には池に戻す予定だった」と説明している。

しかし19日夜になって呼吸が極端に遅くなり、腸の重い感染症のため集中治療室に運ばれた。20日に緊急手術を受けたが昏睡(こんすい)状態に陥り、21日午前、死んだという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]