2次大戦で沈没した軍艦の残骸、海底から消える ジャワ海

英駆逐艦「エレクトラ」

英駆逐艦「エレクトラ」

ジャワ海戦は1942年2月27日に発生。旧日本海軍と英国、オランダ、米国とオーストラリア各海軍艦船が交戦したが、オランダなどの少なくとも10隻の艦船が撃沈され、兵士2173人が命を落としていた。

この中でマレーシア紙ニュー・ストレーツ・タイムズは昨年、漁師を装ったダイバー集団が第2次大戦時の沈没船を物色し、アルミニウム、真鍮(しんちゅう)や鋼鉄を盗んでいると報道。英紙テレグラフは、2012年以降に英国艦船2隻の残骸を荒らしているとも伝えていた。2隻のスクリュー部分はリン青銅製で、1トン当たり約4700ドルの値段が付くとも報じていた。2隻のスクリューの重さはそれぞれ15トンと推定していた。

英国国防省の報道担当者は声明で、遺骨を含む今回の残骸消失に関し、インドネシア当局に重大な懸念を伝えたと表明。調査を促すと共に、残骸を乱すような不当な行動の再発防止に向けた適切な措置を求めたとした。

沈没などした海軍艦船の残骸、戦没者の墓や関連の遺品に対する冒涜(ぼうとく)行為は遺族らの心情への配慮などから国際法違反と規定されている。英国防省は残骸はそのままの状態にし、戦没者を安らかに弔うべきと主張している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]