2次大戦で沈没した軍艦の残骸、海底から消える ジャワ海

2016.11.17 Thu posted at 18:01 JST

[PR]

(CNN) 第2次世界大戦中にインドネシア・ジャワ海で起きた海戦で旧日本海軍に撃沈された英国、オランダの巡洋艦を含む複数の海軍艦船の残骸が14年前に発見されていた海底から消失していることが17日までにわかった。

残骸に戦没者の遺骨が含まれていることなどを重く見た両国政府は原因解明に乗り出している。これら艦船の残骸は2002年に発見されていた。

英紙ガーディアンによると、オランダ国防省は巡洋艦の「デ・ロイテル」(6545トン)と「ジャワ」(6670トン)、駆逐艦「コルテノール」(1316トン)の残骸が消えていることを確認した。来年にジャワ海戦から75年を迎えることを契機に実施した探査作業で発見したという。

潜水士が海中カメラやソナーを使って残骸があった海底を探したが、巡洋艦2隻と駆逐艦の大半の残骸が消えていたことが判明した。オランダ国防省の報道担当者は今回の事態に十分な注意をもって対処する考えを表明。「非常に重要な戦没者の墓地の問題である」と強調した。

同紙によると、英国海軍の巡洋艦「エクセター」(8390トン)と駆逐艦「エンカウンター」(1405トン)の残骸もなくなり、米海軍の潜水艦も消えていた。英国海軍の駆逐艦「エレクトラ」(1405トン)は荒らされた形跡があったものの、多くの残骸がそのまま残っていたという。

メールマガジン

[PR]