アイスランド、婚外子比率が67% 未婚の母多い理由は?

人口32万人のアイスランドでは、生まれてくる子どもの約3人に2人が婚外子だという

人口32万人のアイスランドでは、生まれてくる子どもの約3人に2人が婚外子だという

(CNN) 美しい氷河や豊かな温泉で知られる国、アイスランドは、婚外子の割合が世界一高い国でもある。生まれてくる子どものうち約3分の2に当たる67%は婚外子。米国などに比べてもはるかに多い。

世界の未婚の母ランキングでは、米国で生まれてくる婚外子の比率は40%で世界ランキングのほぼ中間。婚外子が最も少ないのは保守性が強いトルコの3%だった。

アイスランドの人口はわずか32万人。氷河や間欠泉が連なる美しい光景は観光客を魅了し、古くからのバイキングの伝承は映画「ロード・オブ・ザ・リング」などの作品に影響を与えてきた。

2人のパートナーとの間に3人の子どもがいるという女性は、そのことを恥じたことも後悔したこともないと言い切り、「私たちの暮らす環境はとても小さくて安全性が高い。女性の自由度は非常に大きく、自分の生き方は自分で選べる」と説明した。

この女性によると、アイスランドでは信心深い人が少なく、未婚の母に対する道徳的偏見は存在しない。両親には9カ月の育休(母親と父親にそれぞれ3カ月、残る3カ月は分担)と給与の80%が保証される。

このため女性はパートナーの男性に結婚の意思があってもなくても安心して子どもを産める。男女が結婚のことなど考えないまま何年も一緒に子育てするのもごく普通だという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]