NY市内にカンガルーが出現、鍵かけ忘れた門から逃げ出す

NY市内にカンガルー出現

(CNN) 米ニューヨーク市内のスタテン島でこのほど、鍵をかけ忘れた門からカンガルーが逃げ出し、警察が出動する騒ぎがあった。

スタテン島を跳び回って周囲を驚かせたのはカンガルーの「バスター」。飼い主はニューヨーク州北部に住んでおり、スタテン島の友人を訪ねてきていた。週末をスタテン島で過ごしていたところ、彼らが泊まっていた住宅の門の鍵を誰かがかけ忘れてしまった。

CNNの系列局WCBSによれば、ニューヨーク市警察に17日午前、自動車整備工場の駐車場に野生の生き物がいるとの通報があったという。

整備工場の従業員はWCBSの取材に、「店を開けようとしたら何か動くものが見えた。シカかと思った」などと語った。

整備工場の近くには交通量の多い通りもあったが、バスターが事故に巻き込まれることはなく、警察の登場で御用となった。

警察によれば、NY市内でカンガルーをペットとして飼うことは認められていないが、ニューヨーク州北部では問題ないという。

飼い主は罪に問われることはなかった。バスターが見つかったあと、自宅に戻ったという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]