世界で最後の1頭 オスのキタシロサイを24時間警備

キタシロサイを24時間態勢で守る

キタシロサイを24時間態勢で守る

ケニア(CNN) キタシロサイの「スーダン」は、一見するとどこにでもいるサイに見える。ケニア中部の自然保護区で草をはみ、時折四輪駆動車で通りかかる観光客の方に目をやることもある。

だがスーダンはただのサイではない。生き残ったオスのキタシロサイは、世界中でスーダン1頭だけになった。

絶滅寸前のキタシロサイの存続は、スーダンと同保護区内にいるメスのキタシロサイ2頭との繁殖が成功するかどうかにかかっている。

スーダンの周辺では銃を持った警備員が24時間態勢でガードを固める。サイの角はさまざまな病気に効くとアジアで考えられ、密猟者に狙われてきた。サイの角は麻薬より実入りが良くなっているという。

当局はスーダンに無線通信装置を取り付けるとともに、覆面レンジャーを配備して密猟に関する情報を収集している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]