シアトルの犬が自力でバスに乗ってドッグパーク通い

2015.01.14 Wed posted at 11:53 JST

[PR]

(CNN) 公共のバスにはさまざまな人が乗って来るものだが、通路を四本の足で歩き、座席をなめて回る乗客は珍しい。米シアトルの人気者「エクリプス」は、ラブラドールとブルマスティフの雑種犬だ。

飼い主のジェフ・ヤングさんは2年ほど前からエクリプスを連れてバスに乗り、4つ先の停留所にあるドッグパークへ通っていた。

ヤングさんはある日、たばこを吸っていてバスに乗り遅れる。するとエクリプスはヤングさんを置いて、いつも通りに乗車してしまった。ヤングさんが次のバスでパークに駆け付けると、そこにはエクリプスが先に到着していたという。

これをきっかけにエクリプスは常連となった。車内では窓際に陣取り、風景を見て自力で下車する。

バスの利用客ともすっかり顔なじみだ。ひとりの客がCNN系列局に語ったところによれば、運転手も全員エクリプスを知っている。「みんなを笑顔にしてくれる存在」として、かわいがられているという。動画はこちら。外部サイトにとびます

メールマガジン

[PR]