絶滅危機のキタシロサイ死ぬ、残り世界で5頭のみ

米サンディエゴ動物園のキタシロサイが死んだ=同園提供

米サンディエゴ動物園のキタシロサイが死んだ=同園提供

(CNN) 米サンディエゴ動物園は、同動物園で飼育していたキタシロサイが、老衰のため14日に死んだと発表した。キタシロサイは絶滅の危機にひんしており、生き残った個体は世界で5頭だけになった。

死んだキタシロサイはオスの「アンガリフ」。44歳だった。世界に残されたキタシロサイは、同動物園で飼育しているメスの「ノラ」や、ケニアの野生生物保護施設にいる数頭を含めて5頭のみ。野生のキタシロサイは確認されていない。

キタシロサイについて国際自然保護連合(IUCN)は昨年、「絶滅寸前」の状態にあると指摘していた。ミナミシロサイとは遺伝子的に違う種に分類されている。

サイは高値で売れる角を目当てに密猟が後を絶たない状況だ。主に東アジアで治療薬としての需要が高く、麻薬よりも実入りがいいとされる。

犯罪集団がヘリコプターや暗視装置、消音装置付きの銃などを駆使する中で、保護活動は後手に回っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]