地雷探知に結核の検出、ネズミが人命救助に活躍 アフリカ

訓練の様子=アポポ提供

訓練の様子=アポポ提供

一方、ネズミを使えば「複数の細菌のにおいをかぎ分けるだけで結核を発見できる」とウィートジェンスさん。

訓練は子ネズミのうちから開始する。まず人に慣れさせて、クリッカーの音を聞くとご褒美のピーナッツやバナナがもらえることを覚えさせ、次いで爆薬や結核のにおいを覚えさせる。

約半年の訓練を経て、砂場で爆薬を入れた茶こし器をかぎ当てる訓練を受け、続いて実験場で本物の地雷を探させる。9カ月~1年で訓練は完了するという。

ネズミ1匹の調達や訓練にかかるコストは7600ドル(約83万円)ほど。犬の場合はこの3倍はかかる。

ネズミは体重が軽いことから地雷に乗って爆発させてしまうこともなく、アポポのネズミはこれまで1匹の「犠牲者」も出ていないという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]