燃える丸太の下にピューマの赤ちゃん、消防士が救助 米西部

山火事に巻き込まれたピューマの赤ちゃんが救出される出来事があった

山火事に巻き込まれたピューマの赤ちゃんが救出される出来事があった

(CNN) 米西部モンタナ州で山火事の消火作業に当たっていた消防士が、火に包まれた丸太の下にピューマの赤ちゃん2匹を発見し、火を消し止めて救助するという出来事があった。

現場で撮影された写真では、黄色い消防服姿の消防士2人が、すすだらけになってまっ黒な炭のように見える赤ちゃんを1匹ずつ抱いてにっこり微笑んでいる。

同州魚類野生生物公園局などによると、山火事は同州フローレンス東部のビタールート国有林で発生。消火に当たっていた消防士が8月29日午後、丸太の下にいるピューマの赤ちゃんを見つけた。

消防士はヘリコプターを呼んで丸太と赤ちゃんに水をかけて消火し、2匹を救出したという。

赤ちゃんピューマは2匹ともオスで生後1~2週間。同州ヘレナにある野生生物保護センターに保護された。いずれ野生に戻せるかどうかは現時点では不明。母親がどうなったかは分かっていない。

山火事では約20ヘクタールが焼け、火の手は完全に収まったという。出火原因について捜査当局は、人間によるものとの見方を強めている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]