乗客がパイロットに代わり操縦、無事着陸

乗客が飛行機を操縦し着陸 英国

ロンドン(CNN) 英イングランド東部で8日夕、2人乗りのセスナ機を操縦していたパイロットが飛行中に突然具合が悪くなり、代わって操縦桿(かん)を初めて握った乗客が無事同機を着陸させた。ハンバーサイド空港が9日に記者会見して明らかにした。

このセスナ機に乗っていたのはパイロット1人と乗客1人のみ。それまで何事もなく操縦していたパイロットが突然、体調が悪くなり、ハンバーサイド空港に緊急通報して応援を求めた。

同空港によると、管制塔は乗客に操縦方法を教えるため、インストラクター2人を呼び出した。このうちの1人、ロイ・マリーさんは、ちょうど帰宅したところで電話があり、すぐ管制塔に引き返して、乗客を落ち着かせながら指示を出したという。

ちょうど日が沈み、辺りは暗くなり始めていたことから、着陸予定の滑走路は変更した。

セスナ機は乗客のジョンさんの操縦で、まず滑走路を確かめるために上空を3度にわたって旋回。「そして4度目に、素晴らしい着陸をやってのけた」(マリーさん)という。緊急通報から1時間あまりが経過していた。

飛行機事故は免れたものの、ハンバーサイド警察によると、パイロットはその日の夜に死亡した。病名は公表していない。ただ、事件性はないとしている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]