睾丸が小さいほど子育てに熱心? 米研究

睾丸が小さいほど子育てに熱心になる?

睾丸が小さいほど子育てに熱心になる?

(CNN) 子どもを持つ男性は睾丸(こうがん)が小さいほど子育てに熱心な傾向がある――。そんな研究結果が9日の米科学アカデミー紀要に掲載された。

米エモリー大学の研究チームは、子どもを持つ21~43歳の男性70人の生殖腺をMRI(磁気共鳴断層撮影装置)を使って計測。さらに個々の被験者に自分の子どもや他人の子どもの写真などを見せて、子育て意欲をつかさどるといわれる脳の部位の反応を調べた。

また、各男性のパートナーにも、父親の子育てぶりについてのアンケートに答えてもらった。

その結果、睾丸が大きい男性ほど、自分の子どもの写真を見せられた時の脳の反応が小さい傾向にあることが分かったという。これについて研究者は、生物学的にも睾丸の小さな父親の方が子育てに気持ちが傾きやすいと解説する。

動物を対象とした過去の研究では、性ホルモンが少ないオスは繁殖行動も少なく、その分子育てに費やすエネルギーが増えるという報告もある。

今回の研究は、人間の場合も「繁殖行動と子育て行動はどちらか一方が優先される関係にある」ことをうかがわせるという。

ただし、いい父親になるかどうかは睾丸の大きさによって決まるわけではないと研究チームは釘を刺している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]